アパレル職で学んだこと

今までに数回転職をしてきた私ですが、以前はアパレル販売員の仕事をしていた時もあります。もともと洋服が大好きで始めた仕事でしたが、想像以上に大変な仕事で、1年ほどで退職してしまいました。今回は、私のアパレル販売員時代の日常などを紹介したいと思います。

私が今勤めている職場では、週に1度、事務室の全メンバーでミーティングを行っています。まず初めに上司の先生から、今後の先生のスケジュールや、全体の確認事項を行った後に、各自1人ずつ業務報告を行います。私はあまり人前で話をすることが得意ではないので、毎回緊張をしてしまいます。
 業務報告では主に、今後の休暇予定や今作業中の業務に関する進捗業況、他の人への伝達事項などを報告します。私の場合は、毎日切羽詰まるような業務は抱えていないので、内容が薄いです。そのため毎回ミーティングの前は、何を話そうかと考え、メモを用意しています。一方他の方々も、自分で担当している業務に関する周知事項がほとんどですが、私のいる事務室の席が全てパーテーションで区切られており、みんながどんな業務を担当しているのかがよく分かりません。ミーティングをして初めて他の人の仕事内容が分かる場合もあるので、定期的にミーティングを行う事は有効のように思います。
 また週のミーティングの他にも、月に1度、関係者全員で行うミーティングもあります。そのミーティングでは予算の使用状況など、私にはよく理解できない話題が飛び交い、時にはヒートアップをし、言い争いのようになってしまう時もあります。しかし最近ではいつもの光景として、また始まったか、としか思わなくなりました。無責任ですが、客観的に見ていると、なかなか面白いです。
 しかしそれらのミーティングを通じて、上司は私たちの様子も把握してくれているようで、何かおかしいと感じた時にはすぐに声をかけてくれます。これからもこのミーティングの場を有効に活用出来たら良いなと思います。

年功序列プラスの評価が欲しい
サーバーベースの就業管理システム
今の時代はサーバーを利用した就業管理システムがトレンド。コストパフォーマンス優先ならコチラにお問合せを。
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«
»