自分にしっくりくる喫茶店で飲むコーヒーは贅沢で幸せなことです。

わざわざ喫茶店に行って、コーヒーを一杯飲んで帰るということを、ずっと不思議に思っていました。

コーヒーを飲むなら、家で飲むこともできるでしょう。
今は、手軽にコーヒーをいれることができる、道具も豆もあちこちで売っています。
その方が経済的ですし、外に出る必要もありませんから、絶対に楽だと思っていました。

せっかくお店に行くなら、もっと美味しいケーキやパフェなど、スイーツを食べたり食事をした方が良いと思っていたのです。
そういうことに、お金を使いたいと思っていました。

そんな私が、喫茶店でコーヒーを飲むという行為の本当の意味を知ったのは、たぶん社会人になってからです。
あえて、喫茶店でゆっくりと時間を過ごすという贅沢。
その醍醐味を、大人になってからやっと分かりました。

喫茶店はたくさんありますが、自分にとってしっくりくるようなお店が本当にあるのです。
コーヒーの味はもちろん大切ですが、そのお店の空気感や雰囲気などとても大切です。

喫茶店で、コーヒーを飲むその時間を買っているということを知った時、何だか自分がオトナになったような気がしました。
一人で足を運ぶのが好きです。

みんな、色んなことを抱えながら毎日生きていて、その長い人生の中で時々こうやって、ほっとする時間を求めているのかもしれません。
ぼんやりするなと言われながら、働いている毎日の中で、思う存分ぶんやりできるという贅沢。

だからまた、きっとここに来てしまうのでしょう。

コーヒーでほっと一息

コーヒーや紅茶の時間を贅沢に

以前は、食後や何か飲みたいと思った時は、コーヒーを飲むことが多かったのですが、今は紅茶を飲むことの方が多くなってきています。
正直、私は紅茶の味の違いについてはあまり分かりません。

しかし、ほっとできる飲み物であることはわかります。
お店で紅茶を注文すると、可愛らしいカップに入った紅茶が出されるところもありますし、ポットに入った状態でカップと一緒に持ってきてくれるところもあります。
私的には、ポットに入った状態で出されるとテンションが上がります。
お砂糖も可愛らしい物を出してくれたり、凄く贅沢な気分にしてくれるのです。
コーヒーはいつもブラックで頂く私ですが、紅茶であればお砂糖を入れて甘くしてから頂きます。
主人はきまってコーヒー。
どこに行っても何を食べた時であっても、コーヒーを飲んでいるような気がします。
二人とも甘い物に目がないので、いつもこうやってドリンクとケーキを注文して時間を過ごしていました。
お気に入りのお店もあって、何度も行ったことを覚えています。
今はもう無くなった懐かしいお店です。
一体どんなことを話していたのか全然覚えてはいないのですが、いつも楽しかったことだけは覚えています。
人生は長いです。
色んなことがあって、そこから逃げられなくて苦しむこともあるけれど、美味しいコーヒーや紅茶を飲んで乗り切りことができるかもしれません。
だから、ちょっと贅沢に丁寧にコーヒーやお茶の時間を味わいたいと思うのです。
主人はあまり仕事のことを言う人ではありませんが、美味しいコーヒーで元気になってくれれば良いなと思います。